外壁塗装・屋根工事

■ 建物を長く守るために、外壁塗装・屋根工事を

お客様の住まいは、外壁を触ると手に白い粉がついたり、色あせが見られませんか?
心当たりのある方は外壁塗装をご検討ください。

また、外壁以上に劣化スピードも早いのが屋根。
屋根は普段、間近で目にすることのない場所ですが、雨風や直射日光、動物の糞害などの影響を直接受けやすいため劣化も早いのです。

劣化を放置していると、建物内部に水が浸入してしまい、建物の強度を下げる原因に。
そうなる前に対策しましょう。

■ 怖いのは雨漏りだけじゃない! 建物を長く守る秘訣

もし建物内部に水が浸入すると、外壁内部の劣化が進行。
建物自体が腐食すると、コンクリートに含まれるセメント成分が、中性化して本来あるはずの強度を失ってしまいます。

強度が失われるだけでなく、建物内部で湿度が上昇するとともにシロアリが発生することもあります。シロアリは木造家屋を食い荒らすことでも有名で、最悪の場合は建て替えなどの大規模で高額な費用がかかる工事でしか対処できなくなってしまいます。

こまめに塗り替えを行なうことで外壁材を長持ちさせ、外壁張り替えの頻度を減らすことが可能。
雨漏りはさまざまな悪影響を及ぼすため、こうなる前に外壁塗装で新しい塗膜を形成し、大切な住まいを守りましょう。

■ こんな屋根板金に対応いたします!

○葺き替え工事

古い屋根を取り外し、新しい屋根に付け替える工事です。
屋根の傷みが下地にまで及んでいたり、既に雨漏りが起こっている場合にオススメ。
屋根材の下にある野地板など、普段手を入れにくい部分までしっかり補修することができるため、築年数の長い家も安心。
最近では耐震対策として、重量のある屋根瓦から軽量の板金屋根に葺き替えるケースも増えています。

○カバー工事

既存の屋根の上に新しい屋根をかぶせるカバー工事は、解体工事がほぼ不要!
葺き替え工事に比べて費用・工期を減らすことができ、屋根材が2重になるため、断熱性・遮音性の向上に効果アリ。
「下地自体はしっかりしているが、屋根材が傷んでいる」という場合は、吹き替えよりもおトクに工事ができるため屋根カバー工事がオススメです。

○雨漏り・補修工事

天井にシミができたり、壁紙が剥がれてきたら、雨漏りが起こっているというサイン。
屋根材の割れや浮き、漆喰の劣化など、原因を正しく見極め、適切な補修工事を行ないます。お住まいの屋根の状況で「何かおかしいな」と思ったらすぐにご相談ください。

【フリーダイヤル】0120-099-315
【事務所】 079-437-0341
【受付時間】 9:00~19:00
【定休日】 日曜・祝日 ※お電話お問い合わせにはご対応
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】 加古郡を中心に、加古川市、高砂市、姫路市、明石市、三木市、小野市、神戸市 その他地域に関してもお問い合わせください。

一覧ページに戻る